読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感動する、ということ。

2回前からですます調に変わってしまってますが、こっちの方が書きやすいのでこちらで行きます。ええ、すみませんでした。

twitterで見かけたつぶやきがまとまってました。

togetter.com

私もいいねしてRTしてました。ごく単純で愚かしい正直さってのが私は大好きなんですね。泣いてしまいそうになるわけです。

で、これはおそらく父とか地元の親戚とか、まぁそういう人たちと近くて、私はそういう人たちに親近感がすごくあるんですね。

だいぶ評価が高く、kindle版が出て、私もようやく「よっこらせ」と購入して読みだした「ヒルビリー・エレジー」もまぁそんな感じなんだと思いますね。まだ「はじめに」の途中までしか読んでないけど。

ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち

ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち

 

 友人(都会育ち)がとあるイギリス映画をほめて「英国流の皮肉が効いていてスタイリッシュでいい」みたいな感想を漏らした時も、自分でも驚くほど強く「オレはそういうのはダメだ。嫌いだ、たぶん」と観てないのに言ってしまってました。

どうもね、私の感動するポイントというのは、家族・親戚・生まれ育った地域の人々のある側面を映し出したもの、にあるような気がします。それが自分の生きる理由に近接していて、そこに触れているのだろうなと思います。

そうすると、「感動する」ということは、やはり自分の存在意義に触れて自分を揺さぶるもの、自分に生きる理由を再確認させてくれるもの、ということなんでしょう。

当たり前ですが、当たり前のことを日々気づかせてくれて、心が回復する、そういうのが日々を生きる我々が感動しなければいけない理由なのかなと考えました。

 

冒頭のサイゼリヤでの話、こういうのが本当に「美しい」ということなんだと思いますね。ええ、いろいろdisってます。いろいろなものを。

起業の際の必読書

スタートアップに参画する際には、この本を必ず読む必要があると断言いたします。

「ビジネス・クリエーション!」です。これは本当です。

ビジネス・クリエーション!

ビジネス・クリエーション!

 

 今、スタートアップでサービス開発・運用に勤しむ毎日なのですが、ビジネスを始める前にこの本を読んでおけば・・・、いや、今からでもやり直したいと願ってしまう、そんな起業を成功させるステップについて書かれています。

これがもう首がダメになっちゃうくらいに激しく頷いてしまうほど、素晴らしい。とくに失敗した皆さまには激しく刺さること請け合いです。いや、まだ失敗してないけど、私は電車の中で読んで、3駅乗り過ごす(しかも席空いてるのに気づかず立ち尽くしていた)という感じでした。

いや、もう打ちのめされましたね。なぜ、こんな良書を誰も読んでいないんだと(自分は棚にあげてます)。

ただ、ここに書かれていることは、実際にスタートアップに参画した経験がないと刺さらないんじゃないかとも思うんですよね。24のステップを読んでも「ふんふん、まぁ普通だよね」みたいな感じで。

でもそれはただの想像力不足です。断言します。わからないお前が悪い。

この本に書かれていることは、ものすごく重要でものすごく参考になります。その重要性がわからない場合、自分の想像力とコミットメントが足りないと自覚してください。

そして、スタートアップ経験者でこの本の重要性が嫌っちゅー程わかっている人たちは、この本の有用性を声高に訴えましょう。私は訴えます(このブログで・・・)。そうやっていろんな人の目端にひっかかるようにして、スタートアップ始めるときには「とりあえずこの本読まないとなんだよねー」とスタンダードになることを祈っています。

今、なんとなしにサーフィンしてるあなた、とりあえずkindleで拾い読みして、スタートアップをやりそうな友人にこの本を紹介しなさいよ!(ちびまる子ちゃんの前田さん風に)。

 

いやーでも、失敗のただなかで読むと刺さりすぎて痛いです。刺さる前に読んでおきたい、そして「あの本、今、必要じゃない?」と思いついたらすぐさま読みましょう。

ITは本当に世界をより良くするのか…神林節を楽しむ。

「ITは本当に世界をより良くするのか?IT屋全力反省会」を読みました、というか再読しました。

ITは本当に世界をより良くするのか? IT屋全力反省会

ITは本当に世界をより良くするのか? IT屋全力反省会

 

 神林さん、定番の面白さですね。受け手の井上さんはJava系の勉強会だったか、スピーカーをしていらしたのを聞いたことがありますが、そのときの冷静な印象そのままですね。神林さんのもろもろの考えを受け止めつつ、別方向を提示する役割を実直に遂行しています。エライなぁ。

内容については、バズワードだったり、クラウドベンダーだったり、「エンタープライズ(エンプラ)」と俗に呼ばれる企業内情報システムの構築・運用・保守を担うエンジニアだったりのことをしゃべり続けています。止まりませんね、海南戦の流川です。Unstoppable。

細かな内容については読んでいただくとして(Enterprise Zeneサイトで連載しているものをそのまま本にしているので、そちらでは会員登録すれば無料ですね)、読後感について、書いてみようと思います。

私自身はいわゆるシステムエンジニアです。これまでのキャリアの前半はベンダーサイドのエンジニアでお客さまのために企業内システムを構築する、ということをやっていました。後半はユーザーサイドの情報システム部でベンダーさんにいろいろと依頼しながらプロジェクトマネジメントを行い、システム導入・保守を行うことをやってきました。一瞬コンサルタントをやったりもしていて、ユーザーサイド(発注者側)に行って仕事をしてみようと考えて、現在もユーザーサイドで仕事をしています。

このキャリア自体は神林さんと逆方向の移動をしているのですが、ただ両方を経験していることもあり、多く共感するのは神林さんのご意見でした。ま、井上さんも明らかに本来は神林さん側の意見だけど議論のために反論側に回っていることもありますので、そこ考えると著者2人と同じ方向性であると言ってよいと思います。

そもそもエンジニアですから、そりゃ当然という感じですが。

内容的には全部グサグサ刺さっているのですが、今の仕事の関係上、会社の方向性として「クラウドを用いてシステムを運用している」「いろんな制約を取っ払うために、内製化したいと考えている」というところがありまして、その辺りを何度も熟読してしまいました。

私自身は前職で、内製化へ動き、定番の失敗パターンをなぞりました。とても難しいですね。結局、神林さんの言う通り人材の流動性が確保できていないことで、人を取るのも難しいし、社内でのキャリアパスも見えない。リスクがエンジニア自身に降りかかってしまうのを避けるような仕組みが必要ですね。ITが事業のコア(Amazonだけでなく、ウォルマートも小売りの皮をかぶったIT企業か)であれば、それは問題ないのでしょうが、そこまで振り切った日本企業ってあんまりないわけで。

一方でクラウド化については本格的に取り組んでいる会社は多いですし、人数の少ない小規模なSIerが大規模ブラック案件に巻き込まれずに生きていくなら、クラウド基盤を利用して(ときには)システム運用まで含めたサービス提供ってのはありなのかなと。よく考えると神林さんの会社(ノーチラステクノロジーズ)はその辺りに該当するような気はします。

ただし、こういうSIerというのは資産が本当に人だけなので、そこは大変だろうな、、、とは思います。コンサルティングファームと同じような状況になるわけですね。

 

まぁ、年に一度は神林節を聞かないとなんかモヤッとする私としては、本で常に読める(kindle版買いました)というのは良いです。デブサミのパネルディスカッションも見ましたが、不完全燃焼感ありましたね。誰が悪いわけでもなく、以前した話をなぞることになってしまって、「本に書いてありますけど…」という枕詞とともに意見を述べるのは井上さん、神林さんともやりにくさはあったのでしょう。小野さんはワークスと並んで日本のソフトウェアカンパニーとして成功している会社の人なわけで、そこに神林さんからの集中砲火を浴びせると面白かったんだろうなと思いました。モデレータというより、井上さん・神林さんのサンドバックになるのがよかったんでしょうな~。

次回を楽しみにしたいですね。

 

IT業界以外の人にも、読んでいただきたい(理解できないと思うけど、そこは勉強してほしい)と思っております。

いや、この本ホント面白いですよ。

ポール・オースターの手触り

読書日記、と銘打っているにも関わらず本が読めていない…。

仕事に対して、それほど長時間のコミットをしているわけではないのだが、いろいろと会社内部の動向を見つつ、興味・勉強しておきたい分野や書籍をリスト化して少しずつ取り組んでいる。

そんなことやってるとがっつり1冊とか読むような感じにはならず、本を楽しみながら1冊読むというのは、なんと贅沢なことなのだろうと感じる。こういう状況になると現実逃避で小説が読みたい。なんか学生がテスト前にマンガ読みたくなるようなものであるけども…。

そういう状況で、私にとってのもっとも贅沢な読書体験であるポール・オースターの小説について書いてみようと思う。その中でも最初に出会った小説「幽霊たち」である。

これを読んだのは、20歳で実家でぶらぶらしていた時期である。何にもやっていなくて、毎日近くのツタヤの本売り場で長時間ぶらぶらしていた。そこで聞いたことがない作家であったオースターの薄い文庫本を買ってみた。1997年の初夏だったと思う。

読み始めは洒落ていて実験的な小説なのかな、という感覚だったのだが、読み進めるうちに引き込まれていき、最終的には「これは「私」の物語なんじゃないか」と感じるようになった。自分が感じている焦燥感、劣等感、虚無感を繊細に描いている。下品ではなく、そこを正視しているわけでもないのだが、そこに「ある」私の一部だと感じた。

オースターの初期の小説は、それほど長いものではない。ひとつのテーマ、ひとつのシーンを描き出すために小説が存在しているような感覚だと思う。その在り方について、当時も今も私には好ましい。忙しかったり、疲れていたり、「なんか小説が読みたい」と思ったときに帰る場所である。

薄くて、ひんやり冷たい新潮文庫は、私の気分が落ち着く手触りであって、今もよく助けられている。

 

というわけで、まだ不毛地帯を遅々としたペースで読んでおります。あれを読み進めるためにこのブログ始めたようなものなのに…。あれだけは読破しよう。読みだすとすごく進むんですが…。

「日本人にMBAは必要か」という命題

雑な命題ですね。感想は以上です。

 

と、いうのでいいんだが、ま、それはそれで論点があるとは思うので、遠藤元教授の書籍を読めばいいと思う。結論がタイトルになってしまっているので読む必要があまりないわけけども…。

この命題自体は、NewsPicksのイノベーターズ・トークの新シリーズタイトルになっている。

【新】ローソン会長と著名教授が激論「日本人にMBAは必要か」

堀義人氏がコメント欄で、「いいかげんにしてくれ」とつぶやいているが、まぁこれはそうだろうと思う。これまで散々いろんな人に言われて、それでも自分のミッションを信じて大きく育ってきた経営大学院があり、それを「日本人に~」のような極めて粗雑なテーマで語られては呆れてものが言えないだろう。

一応、エクスキューズ入れておくと、私は堀義人氏の思想があまり好きではない。それでも、崇高な(と私のような者でも思う)ミッションをかかげ、それに自分の力を注ぎこんでここまで育ててきた。これからも信じて歩んでいこうとしているわけで、そこについては勇気と実行力がある人物だと感じる。

それに対して、なかなか失礼なタイトルだとは思う。NewsPicksの運営会社であるユーザベースの株主にグロービスは名を連ねていることを考えると、よくこのタイトルを付けたな…と感心する。

しかし、その意図する問題意識についてはわからないわけでもない。日本国内の企業内の扱いもあるし、日本国内のビジネススクールの状況というのもある。北米や欧州などのトップスクールを前提にしている今のMBAの議論は日本ではまるで異なっているわけだ。

このあたりはやはり遠藤元教授の書籍を参照すればよいと思うが、そもそもビジネススクールってそんな大層なものなんだっけ?というところが個人的には気になる。自分でビジネスを管理するにあたって、ビジネスの一通りのことを身に着けることができる、というのがもともとのビジネススクールの主旨だろうと。そうだとすると、大企業管理者向け、中小企業管理者向けというのがあって、必要な人が必要に応じて学べるスクールになっているべきである。

今は、優れた人材をフィルタリングするための仕組みに成り下がっていて、不必要な競争をあえてしているようにしか見えない。起業したい、ビジネスを良くしたい、と考える人が必要なことを身に着けることができる、そんなスクールは今でも必要だと思うし、グロービスの視点はそんな意思を持っている人へ向けられていると思う。

いや、私自身は堀義人氏もグロービスの雰囲気も(体験クラスへ参加した限り)苦手だ。それでもミッションの方向性は正しいし、それを構築し、継続していることは素晴らしいと思う。

やはり、実際に行動している人に理がある、としか考えられない。

あと、「AにBは必要か?」みたいな議論は、テーマに対して不適切な論法を適用している感がある。もちろん当たっていることもあるけれど、不必要だからなんなの?という気がしてしまう。なんだかなぁ。

探偵物語(柄本明、渡辺典子)

探偵物語、と聞いてイメージするのはなんだろうか?松田優作工藤ちゃんとして活躍するテレビ版のドラマか、同じく松田優作薬師丸ひろ子主演の映画版か、どちらかになるだろうと思う。

しかし、ここで私が書こうと思っているのは、そのどちらでもないテレビドラマで、松田優作薬師丸ひろ子が主演した映画版のもう一つの映像化作品である。

主演は渡辺典子と柄本明

最新のWikipediaにはドラマ版の情報が載っているが、数年前までは映画版の情報しか記載されていなかった。覚えている人自体がだいぶ少ないのだろう。私もごくたまに気が向いたときだけ、Googleで検索してみたりという感じだ。

今回もそういうノリでちょっと検索してみたところ、ヒットしたブログを見て驚嘆した。これほど鮮明に覚えている人は初めて見た。

埋もれてしまう名作の堂々たるネタバレ ▽・w・▽|黒猫堂ハンサム日記 ▽・w・▽

これにはびっくりしたが、楽しみながら読ませていただいた。

私は柄本明のファン(日本で一番カッコいいと思う)なのだが、そのきっかけはこのドラマだ。たぶん私が二十歳過ぎのころ、実家へ帰省してテレビをつけたら再放送していたドラマで、何のドラマかわからずに見ていて「探偵物語っぽいスジのドラマだな~」と思ってたら、そうだったという記憶がある。映画以外にテレビドラマが存在することを知らなかったのだ。

で、これはすごくよかった。映画よりも。

原作では、主人公の探偵はもっさりした印象なのだが、柄本明はもうそのまんまである。松田優作もそういう体ではあるのだが、いかんせんあのボディなのでイメージがちょっと違うが、柄本明は当然はまっている。

そして、私自身も忘れていたが、映画とドラマ版は結末が異なる。ネタばれになってしまうが、もう古典に近い映画だし、テレビ版はほとんどの人が知らないので書いてしまうが・・・、薬師丸ひろ子が飛行機で飛んで行っちゃうが、渡辺典子は飛行機に乗らずに待っているのだ。

これは先にあげたブログを読んで思い出した。そうだ、そうだった。。。。

1時間ドラマを4回、という変則的な構成なのだが、再放送で見たために2時間×2日で見た記憶がある。柄本明の頼れる部分がどんどん出てきて、回を経るごとにカッコよくなっていく。

歳をとっていくなら、こんな男になりたい、と思った記憶がある。まだなれていないので、今もそう思っている。

リーダーシップについても至言あり。(「自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れを取る技術」)

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れを取る技術」を通勤中に読んでいる。それほど分厚い(kindleですが…)本ではなく、長時間はかからない。

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れを取る技術 | 下園 壮太 | 心理学 | Kindleストア | Amazon

 

もともとはめいろま氏のkindle本値下げtweetを見てポチってみたものだが、これは予想外に良かった(まだ読了してませんが)。

タイトルにもある通り、リーダーの役割についてメンバーのメンタルを維持する観点から記載されている。で、これらが非常に有益なのだ。一例をあげてみよう。

優秀でリーダーとしても一目おいているメンバーに対して、「そのような社員は、無意識のうちに過大な目標を立てて、それに向かって走り続けていることが多い。目標を転換できるのは、上司だけだ。」と説く。

過大な目標を立てて走っているということは、ムリをしているということで、それを続けていると最終的にメンバー自身も、チーム自体も、大きな痛手を受ける。これを避けるためにはムリが大きなダメージにつながる前に、リーダーが動かなければならないということを説得力を持って説明している。

リーダーシップについては様々な書籍が出ており、その手法はさまざまだが、基本的には理想的なチーム状態があり、そこへの到達・維持を目指していろいろなプラクティスを実行する、というものだろう。
しかしながら、その組織にあったビジョンがあり、メンバーに目を配りながら前へ進めるリーダーがいたとしても、やはりメンタルは落ちていくしそのケアが必要になる。それはチームを運営していく中で必ず出てくる課題であって、リーダーがそれに対処する必要があるのだ。各メンバー自身の責任ではなく、マネジメントの責任で対処する必要があることを明確にしていることが、この書籍を他のリーダーシップ本とは異なるレベルに押し上げている。
自分自身もマネジメントをしていることがあるが、このことには無自覚だったと言っていい。非常に大きな学びを得たと感じる。

一読をお勧めしたい。