陸王から思いを馳せて早田俊幸へ

昨日、日曜劇場「陸王」が最終回でした。この数年ドラマは全く見れておらず、当然「陸王」も見てなかったのですが、長く昼寝をした息子と一緒に風呂からあがったらちょうどやっていたので最後までみてしまいました。

まぁ、わかりやすくて人への尊敬が感じられる良いドラマかなという印象でした。私はスポーツは何でも見る(機会があればやる)タイプで、陸上の長距離もよく見てました。マラソンはたいてい日曜の午前中にテレビ中継をやっていて、なんとなく見入ってそのままゴールまで見届けてしまう。典型的な暇な人ですね。

自分がよく見ていたのは10代後半で、だいたい90年代です。当時、強かった選手は旭化成谷口浩美(敬称略、以下同)、森下広一などでしたが、当時なんとなく気になって応援していたのが鐘紡の早田俊幸です。

頑健ではない(とくに90年代後半のレースでは、リタイアがときどきあった)けれども、とにかく速い。それが生かされるのが駅伝で、九州一周駅伝(都道府県対抗)なんかで宮崎(当時旭化成が連続日本一で無敵だった)がどうしても区間賞をとれなかったのが、早田俊幸が走る区間でした。

そんな彼がマラソンを走り始め、好記録をだし、すごい選手になると思われてたのですが、リタイアを繰り返してしまいます。そこから所属先を変えたり、練習方法も変えたりしつつ、マラソンで勝つために努力をしてある程度の結果を出しますが、最終的には当初ファンが思い描いていたような舞台に立つまでにはいたらなった、というのが彼の簡単なマラソンにまつわる歴史になるでしょう。

シニカルに見れば、彼の適性は1万メートルにあり、そこで世界を目指し続ける、マラソンはもっと後(ゲブレシラシエのように)、というのが良かったのだろうと思います。事実、ほぼ同世代の高岡寿成はそのように日本最高記録をたたき出したわけです。

しかし、彼は早い時期からマラソンへ転向し、そこに食らいつきながら競技人生を歩んだわけで、決して要領がいい選手ではありませんが、これこそが人生であって陸上ファンに深い感慨を抱かせる、心を震わせる人間という気がします。そりゃ良い成績を残したほうがいいに決まってますが、先を計算せずに走りたいレースを走る、そして苦労するのだけれども、それでもなお走り続けるというのは震えるほどカッコいいものです。

同じような感覚から、かつてクロサキに所属していた田尻裕一にも同じようなカッコよさを感じておりますが、それはまた別の話にしたいと思います。

新幹線大爆破

だんだんと年の瀬が迫ってまいりましたね。

私も11月いっぱいでプロジェクトを去りまして、12月頭から新しいプロジェクトへ参画しました。これはこれで新鮮な気持ちで日々を過ごしております。

さて10月に友人が東京の会社から大阪の会社へ転職いたしまして、12月頭に東京に出張があるということ飲みに行きました。まぁ、なかなか充実した会社生活のようで安心しました。

で、その彼が来るというので、「新幹線に何かなければいいですな」的な会話をしていたときに思い出したのが、映画「新幹線大爆破」です。

新幹線大爆破

新幹線大爆破

 

ちょうどAmazonビデオでプライム会員は無料となっていたので、これ幸いとみることにしました。

 驚いたのはオールスターキャストで作っているということなんですが、昔の大作ってこうだったなぁ、と思わせられる作品ですね。wikipedia先生によると、日本よりも海外で人気があるとのこと、たしかにあんまり聞かないな(これだけキャッチーなタイトルなのに…)とは思いました。

内容はというと、速度が80キロ以下に落ちると爆弾が爆発するという「スピード」と同じやつです。というか、「スピード」がこの設定をバスでパクったわけですね。

スピード (字幕版)

スピード (字幕版)

 

 ただ、犯人や乗客のドラマを描くとか、高倉健演じる犯人のわびしさが残るラストとか、事件の対応にあたる管制官宇津井健の自分に対する失望とか、やはりどことなくやるせなさを挟み込んでくる東映は、スピードと違う魅力があると思いました。まぁ、スピードを好きな人の方が多い気もしますが。

なんか仕事のための本を読んだり、自分の興味ある分野の勉強とか、趣味の本とか、やらなきゃいけないことはありつつ、年末進行であまり通勤電車の中で本を読む気になれない、ぼーっとしたいという感じがあり、最近はずっとAmazonビデオにお世話になりっぱなりです。

うーん、読めないなぁ。。。

自分の血肉になってしまっている本を再読する、という贅沢

今回は久々の読書記録です。いやー、久しぶりですね。
私事で恐縮ですが、今関わっているプロジェクトから足を洗って、新たなプロジェクトに入ることにしました。まぁ、次もローンチしたばかりのサービスを改善していくこと、温めている新規サービスをローンチすること、これらをシステム面からドライブ駆けていくのが役割になります。
で、既存メンバーからのアドバイスとして「Team Geek」を読んでおいてほしい、ということでした。この本の哲学をエンジニアチームとしては思想として取り入れて運営をしているからと。もともと自宅の本棚にありましたので(意訳:買ったけど積読・・・)、早速空いた時間で読んでみましたが、これは素晴らしい本で開発マネージャーやろうと思うと必読やな・・・と思っていましたが、そこに参照があったのが「ピープルウェア」で、いろいろとサイト見て回って関連して読もうと思ったのが「ウェブ時代をゆく」でした。

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

 
ピープルウエア 第3版

ピープルウエア 第3版

 
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

 

ウェブ時代をゆく」か、、、懐かしいなと思いながら、会社近くのTSUTAYAで古本(100円でした、100円て…)を購入しました。昔買ったはずですが、もう家の段ボールから見つけるのは不可能っぽいんで(テキトー)。
確かに昔読んだ内容だな、、、と思いながらペラペラとめくっていた手が止まったのは第4章の「ロールモデル思考法」に行き当たったときで、そこには自分の考えと寸分たがわぬことが書いてあり、且つ、めちゃくちゃ懐かしい肌触りがあったのですね。
そうです。これがタイトルに込めた意味であって、昔読んですごく腑に落ちたことが、そのまま自分の思想の一部となってしまい、久しぶりに読んだら「自分と同じ」と感じてしまう現象が発生してしまったわけです。自分の方がコピーで相手がオリジナルなのに。。。
この第4章では、自分のキャリアの志向性を「シャーロックホームズの冒険」を読んでいるときの「私立探偵の存在の在りよう」に心惹かれていたことを思い出し、そこからコンサルタントを志したこと、特に読書をたくさん実施することでいろいろなロールモデルを収集しつつ、何に心惹かれるかを直観に問い続けることなどが書かれています。この辺り、とりあえず関係ない分野や興味ない分野でも本を手に取るようにしている私自身の行動の起源になっているものです。
シャーロックホームズの冒険が好きだったり、本文で紹介されている今北純一の「孤高の挑戦者たち」の生きざまにあこがれるところなど、そもそも梅田さんの志向と私の志向は似ているところがあって、それで鮮明に覚えている箇所でもありました。
そうそう。昔は「探偵になりたい」と言っていましたですね~、私。懐かしい。でも、今でもあまり変わっていない気がします。
ともあれ、2007年末に出たこの本を当時の私はきちんと消化し、自分の志向性として取り込んでいたようです。自分を形作ってきたいろいろな要素を今(40歳)から振り返って確認していくことは恐ろしくもあり楽しくもあり、刺激的な体験です。これからの自分を作り上げるうえでも、こういう体験は貴重だと思う秋の夕暮れでした。

と、いう感じで終わろうと思ったのですが、蛇足と備忘を少し。
梅田さんはコンサル会社のアーサー・D・リトルという会社に入社し、アメリカ西海岸への赴任を直訴して勝ち取ります。このアメリカ滞在が始まるあたりから、新潮社の政治経済情報誌「フォーサイト」での連載を始めます(たしか)。
これが90年代初頭なのですが、そのころ私は10代後半で専門的な内容が多くなりつつあった学校での勉強に不安が募り「政治とか経済とかをきちんとフォローしないと」という思いからフォーサイトを購読し始めます。もちろん最初は難しく、なかなか咀嚼できない記事も多かったのですが、その中で数少ない楽しみな連載が梅田さんの文章だったのです。この連載は「シリコンバレー精神」にまとめられています。

私自身は、システムエンジニアとして社会人になってからもついつい「コンサルタント」の仕事に興味を持ってしまい、結局はコンサル会社に4年ほど在籍することになりました(今は会社を移り、スタートアップ界隈をうろうろしています)。梅田さんの文章は結構、自分に影響を大きく与えているのだなと、今更ながら(40歳…)感じております。

ちなみに2000年代後半に梅田さんが東京で講演会をやったとき、会場に入ろうとして見たことがある人とすれ違ったので会釈したのですが、いつも写真で見ていた梅田さんだったことを直後に思い出した、ということがあります。完全に知り合いのような感じで目を見て挨拶という感じだったので、梅田さんからは「誰だっけ?」と思われたでしょうが…。
いやー懐かしいなー。

ファースト再視聴

今回のエントリも読書日記ではなく、、、面目ない。

さて、ファーストと言えば、そうです。ファーストガンダムですね。小細工なし。

Amazon プライム会員である私は、Amazonビデオでプライム会員無料のコンテンツをよく見ています。「有田と週刊プロレスと」はもう欠かさず見ていますが、特に昨日(2017/11/08)の回は電車の中で吹きすぎてしまい、周囲から怪訝な目で見られてしまいました。小田急ユーザーの皆さん、笑う門には福来るんですよ!

 さて、有田の猪木モノマネの完成度はさておき(「待て待て待て待て!」)、プライム会員無料コンテンツとしてファーストガンダムがおススメされてきたため、速攻でダウンロードし電車の中で視聴していました。懐かしくていきなり第42話「宇宙要塞 ア・バオア・クー」から見たのですが、いきなり見た割には複雑な背景・人間関係もすぐに思い出してどっぷり観賞モードに突入しました。そのため、電車を乗り過ごす羽目になりましたが・・・。

この話は冒頭、デギン・ザビと、和平交渉をしているレビル両方がソーラ・レイシステムの攻撃によって死んでしまうところから始まります。ギレン・ザビによる策略なのですが、そのときのギレンとキシリアの会話がすごい。(言葉尻は記憶があいまいなのでテキトーです)

キ「グレート・デギン(戦艦の名前)はどこへ行ったのですか?」

ギ「沈んだよ」

キ「父上(注:デギン・ザビのこと)は、グレート・デギンをよく降りられましたね」

ギ「父上が降りると思うか?」

キ「・・・」

ギ「そういうことだ」

というものですが、これでギレン・ザビ父親であるデギン・ザビを殺したことがわかるんですが…、小学生にこれが理解できるのかと。まぁ、この後キシリアがギレンを銃で殺害して「父親殺しの罪は総帥であっても償わなければならない」と言うのでわかるんですが、会話がアダルトすぎるだろうと。

 オープニングとエンディングの歌の場面では、すべてひらがなで歌詞を表示しているアニメとは思えないこの会話。やはりこの辺りにガンダムの面白さが凝縮されているんではないか、と私は思います。単に、私が感じる面白さがこの辺りにあるということかもしれませんね。また、デギンとギレンが同じ回で死んでいることも忘れていたので、終盤の話の流れの速さにびっくりしました。

シャアが「いや、私もニュータイプのはずだ」とつぶやく場面を見てもの悲しさを感じたり、「足なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのです」という有名なセリフの辺りは、大人になって感じ方が変わるであろうシャアとメカニックとの会話が堪能できますね。以下の部分です。

シ「ジオングか。足がないな」

メ「足なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのです

シ「私に操れるかな」

メ「そんなこと私にはわかりませんよ。大佐のニュータイプ能力次第です」

シ「ずいぶん不躾だな」

メ「気休めですが、大佐ならやれますよ」

本音を包み隠さず言う職人気質のメカニックと、出撃前に己をリラックスさせて戦場へ赴くパイロット。
重さは違えども、会社組織でも後ろを固めるバックオフィスと外へ出ていく営業部隊で同じ様な会話はあるのではないでしょうか。この辺りの気持ちが多少わかってくると、やはりディテールからさらなる面白さに出会えるのではないかな、と思うわけです。

しかし、ガンダムは深い。読みかけになっている安彦良和「原点」もこの流れでまた読もうと思いました。

原点 THE ORIGIN

原点 THE ORIGIN

 

 

日本シリーズ終了

だいぶサボってました。
忙しいのがひと段落してゆっくりしてると、「なんか書きたい!」という盛り上がりがなくなるのかもしれないですね~。
そんなわけでそれなりに本は読んでいたもののエントリをあげるに至らずでした。

今回も読書の記録ではなく(読書日記なのに…)、タイトルの通り、プロ野球日本選手権シリーズ2017についてです。
私自身は九州の出身ではありますが、小さい頃からなぜか西武ライオンズのファンでして、85年のシリーズ(小学3年生)は見て悔しがってた記憶はあるので、結構古株です。
今は川崎に住んでいますので、ベイスターズとホークスどちらを応援するのかといううれしい問題に直面しましたが、見ながら福岡を応援していましたね。
黄金時代のライオンズと今のホークスは似ている面が多いので、そちらを自然に応援してしまったみたいです。

第6戦については、10回くらいまでは見たのですが、11回はもう寝てしまったので翌日確認しました(←ダメ人間)。
延長戦に入ったところまで見たわけですが、9回までで言うと、ホークスはヒット3本(で3点)、ベイスターズは7本で3点だったわけで正直押していたのはベイスターズだったように感じました。
9回裏の内川のホームランは、日本最高のバッター(と私は思ってます)は追い込まれても奇跡を起こすんだな、、、とビビりましたが。
10回表は2番の梶谷からロペス、筒香、宮崎と続くので、10回だけ見ればベイスターズに分があるわけで、ここでとれるかどうかで試合は決まるのでは…と思って10回は見ました(そして、その後寝ました)。

ベイスターズの345はセ・リーグでは最も強力、パ・リーグ最強(と私が思う)のライオンズよりも嫌な感じがします。2番から左右がジグザグで、それぞれの持ち味が違う、全員がホームランも打てる(だからこそ9番、1番の出塁が鍵になるわけで)。
7戦までいくとベイスターズが勝つ可能性はかなり高かったと思うし、そもそも第3戦もぎりぎりの戦いだったのを見ると、実力差はない、というのが今シリーズで見えた結果ではないすかねー。

92年、93年のライオンズ対スワローズは、スワローズにとってその後の黄金時代のきっかけとなり、且つ、90年代唯一のセ・リーグ連覇を成し遂げた大きな出来事だったと思いますが、今回のシリーズ敗退がベイスターズに与える力というのはすごく大きいんじゃないでしょうか。
阪神・広島を撃破して、ホークスにも脅威を与えた攻撃力、若いピッチャーがポストシーズンの中で成長を見せて柱に成長してきた今、彼らは日本一を身近に感じながら来シーズンの優勝を見据えているでしょう。率直に来年のセ・リーグは楽しみだなと思います。

ホークスについては、6戦であんなに勝負をかけるとは…、サファテを引っ張る判断はおそらく元ライオンズの森監督は絶対にやらなかったろうな…と思いましたが、6戦で勝つという覚悟を見せて取りに行ったということでしょう。逆に言えば、7戦まで行ったら負けるという危機感があったんだと思いますね。そこをあけっぴろげにした采配だった、というのが工藤という人間の大きさかなとは感じました(ラミレスは「頂上は近い、道は間違ってない」と感じたはずです)。
ただ、打線も投手陣もイマイチだった、というのが私の見た正直な感想です。
こんなザマでは、来年の優勝は危うい。下からの突き上げが必要です。
サファテは来年ここまで活躍できないだろうし、先発もピリッとしてない(ズバリ、武田です)状況で、内川のバットに頼るのは限界がある。中村や松田を7番あたりにおけるようなオーダーが必要で、野手があと2枚くらい足りないな、、、という気がします。
外部から取ってくることもできるチームですが、どちらかというと育成した方が強くなる風土な気がするので、育ってこないかな~と思ってます。
こういうチーム(昔のライオンズを彷彿とさせるチーム)には、ついつい辛口になってしまいますが、来年も期待しております。

いや、来年はライオンズが優勝してくれないかな。。。

夏の終わりに

高校野球も終わり、8月最終週となれば、朝晩も涼しくなってきます。夏の終わりを感じるここ数日、夏に読みたくなる本と言えばなんだろう?と自問自答しておりました。

やっぱ汗と砂にまみれる感触が圧倒的な安部公房の「砂の女」かな?瑞々しい子供時代をやさしい目線で描く椰月美智子「しずかな日々」かな?

砂の女 (新潮文庫)

砂の女 (新潮文庫)

 
しずかな日々 (講談社文庫)

しずかな日々 (講談社文庫)

 

 なんて考えてました。特に「しずかな日々」はメチャクチャ良いので、これでいいかとも思ったのですが、なんとなくもっと夏という感じが詰まっていて、その中で人間の想いが吐き出されていき虚無感が立ち上る、みたいな若さとそれゆえの苦みを感じさせる「夏の本」ってなかったかな・・・と思ってました。

 で、つい最近、「おまえだったか・・・」と感じさせる本を思い出しました。灯台下暗しと申しましょうか、本棚の隅の方にくたびれた姿でずっと存在していたその本がこちらです。

風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)

 

 出た!と岡田さんのように反応してしまう感じですね。村上春樹風の歌を聴け」です。言わずとしれた村上春樹デビュー作です。

夏の終わりと言ったときに、そこに感じるやるせなさや侘しさ、それからそれらが生み出す空虚さと対照的な熱気、湿気などが重要な要素になるのですが、その辺りを内包している小説というとコレですね。

コレですね、と言っておきながら全くノーマークで、本棚の隅にあって視界にチラチラ入っていたのにも関わらず思いつかなかったのです。やはり村上春樹の初期3部作の一つという印象が強すぎて、内容をじっくり思い出せてなかった面はあります。初期3部作については特によく読んだし、今も時折読み返すことがあります。ファンもアンチも多いですが、まぁそうですよね。やっぱり素晴らしいですから。

読んでいない方は一応教養として読んでいただければと思いますが、だいたいのあらすじとしては、、、状況して大学に入った僕が、地元で仲の良かった友人・鼠から手紙を受け取り、どこかへ旅に出てしまった彼にかわって、彼の付き合っていた女性に別れを告げに行く、という話です、というかだったと思います(うろ覚え)。

こうやってあらすじ書いてしまうと、あんまりどこで夏の終わりを感じるのかわかりませんが、これはもう読んでいただくしかない。良いです。

今思うと、夏の終わり、というか、少年時代のおわりというのを描いている話なのかもしれません。ま、それは何かの始まりなんですが、何を始めるかは多分に自分の意思に依っている。でもそれを選び取るには勇気が必要だし、そういうところを避けて年齢だけを重ねてしまっている人間は多い。

この小説に登場する人物をどう読むかは人によりますが、私からすると「僕」も「鼠」もその他の登場人物すべてが不器用で、そのために何を始めるかに戸惑い、それを避けて通るような器用さがないために、いろいろと失敗しながら自分の道を選び取っていく様子を描いているのかなと思います。この辺りは、どんな物語であっても、この年代を描けばそうなってしまうものでしょう。それでもその苦みは描く人によって違うもので、それぞれ読みたいと思うのですね。

3部作はこの後、「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」と続くわけですが、残り2作はどちらかというと冬の印象があります。そちらは冬になると読みたくなる小説なので、このブログを続けていればそのあたりで書きたいですね。

1973年のピンボール (講談社文庫)

1973年のピンボール (講談社文庫)

 
羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

 
羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)

 

 

父と子の物語(4、情熱を貫く)

父と子の物語と銘打ってシリーズを書いてきたものの、予想外に時間がかかってしまったり、シリーズ内でも直前に取り上げる本を変えたりしてしまい、どうしようか迷ってるのですが、これはライフワークとしてやっていこうかなんて若干思い始めています。なかなか感じることが多いこのテーマ、涙腺の弱い私としては取り上げたくなる本が多いのです。。。

で、今回は元日本代表によるこの本です。

情熱を貫く 亡き父との、不屈のサッカー人生
 

 この本、2014年のワールドカップ前に新宿のブックファーストで立ち読みしたのです。そのときに涙が止まらなくなり、これはマズいと購入して帰りました。著者自身のサッカーへ向かう姿勢、父親との約束、魂を揺さぶるプレー、それらは父を持つ息子たる私を震わすものです。また、息子を持つ父としても、何を息子にしてやれるのかという大きな命題をもらった気がします。

とまぁ、ここまで書いてきてお察しいただける通り、この本こそがこのシリーズを書こうと思った理由なのです。読了後に、心の中のいろんなものが洗い流されて、そこに新しいエネルギーがどくどくと流れ込むような、まさに心をチャージするような感覚になりました。

大久保嘉人という選手については、サッカーにあまり詳しくない人には「ちょっとヤンチャそうな人」みたいなイメージでしょうか。サッカーにそこそこ詳しい人もその印象をベースに「よくカードをもらう」「川崎で得点能力を開花させたが基本はスピードを活かしたアタッカー」みたいなイメージでしょう。で、それは当たってると思います。

付け加えるなら、非常に素直でもあるし、情熱をもってサッカーに向きあい、チームに貢献できる選手だということですね。特に、情熱をもって取り組むが故の衝突や、情熱を使い果たしたときのメンタル的な落ち込みを経験して、人間的な成長を遂げた選手だというのが彼の特徴です。

特に2010年のワールドカップではこの傾向が強いです。この大会、直前まで中村俊輔を中心としたボールを持ってプレーをするチーム方針でしたが、本大会ではある程度ボールを持たず守備を固めた状態から、スピードあるアタッカーが「攻め切る」戦略に変更になりました。直前までは大久保は半レギュラー的な位置づけでしたが、本大会ではレギュラーとして主に前線の左に張ったポジションで出ていました。右の松井大輔と左の大久保は攻めにかける人数が少ない中、テクニックと運藤量で攻めるスペース・時間を作り出す重要な役割を果たしていました。

この大会、試合はすべて見ましたが、前半から激しく動き回り、後半途中にはガス欠になってしまうレベルで、見ていて頼もしかったですね。

惜しくもベスト16で終わった本大会後、彼はオーバートレーニング症候群となり、奥さまの実家である離島で療養します。復帰してもなかなか結果は出ずに、川崎へと移籍するのですが、この間の苦しさがこの本からはよく読み取れます。情熱を使い果たした人間がどのようにその状態を脱して復活できるものなのか。

彼は苦しい中、もがき、決断し、熱意ある指導者と出会い、父の言葉に打たれて、再び日本代表を目指します。

本の最後に、父への手紙(彼自身の肉筆!)が載っています。内容もさることながら、字がきれいなんですね。これをいつでも見れるというだけで本買う理由になります。

自分が父に抱いている想い、息子に何をしてやれるのかという問い、それらについて何かしら感じていたり悩んでいたりする人(私です)にとって、とても、とても強く背中を押してくれる本だと思います。